2/18/2018

香港で『釣りいろは』やってみた。

釣りユーチューバーの中で、『釣りいろは』が1番好き♡

シマさん、大好き♡

シマさんの良さを口ではうまく説明出来んけど、彼女は素晴らしい女性やと思う。 きっと、シマさんと一緒にいると、他人が気付かないような、小さ〜な事とかで幸せになれる気がする。 昔あった漫画の『小さな恋物語』のチッチみたいな…

釣りいろは…の他の人達、トクさんとスンくんの絡みも面白いし、キナさんはすっげぇー釣りが上手い! 釣りを教えるのも上手。 皆さん、釣ってきた魚を、これまた美味しそうに食べる。 料理も楽しそう。 美味しそう。 この、いろはの人達が作り出す雰囲気、空間とか、非常に心地よく、いいなぁ〜と思う。



今まで、自分は香港で釣った魚をあんまり食べてこなかった。

『水が汚いけん、魚は食べん方がいいよ!』と多くの香港人から言われたり、

美味しそうな魚が釣れん… 釣りきらんってこともあるけど、

香港のルアー、フライ釣り仲間の間ではキャッチ&リリースが暗黙の了解になっている部分があるのだ…

別に強制力があるわけじゃないし、イカやチヌはみんなお持ち帰りしてるようだし、香港人釣り人、漁師のように、なんでもかんでも獲りまくる!と言うのも、どうかな?と思うけど…

『すべてリリースじゃぁ!』と言うのも、変だと思う。

『晴れ、時々くもり』くらいの、バランスかな?

差し当たっての問題がないなら、時々魚を持って帰るのもいいと思う。


まぁ、なんにしろ、俺は元々、魚を釣って食べたい人! 昔から原付きであちこち走り回って、釣れた魚を主食料としてキャンプしたりしてた。 あの、釣れずに腹が減って、腹が減って、本当にどうしようもなくって、そんな時のルアー操作の必死さは、忘れられん。 ちなみに、その時釣れた魚は釣れた瞬間、そのテトラの上で捌いて食べた。 あの時ほど、自分の野生を感じた事ってないかも。


今回は、そこまで切羽詰まった話ではなく、自分の楽しみとして、釣りいろはのように、釣ったシーバスを美味しく頂いてみました♪

50cmくらいのシーバス。 1人で食べるのにはちょうど良いサイズかな? 半身は刺し身で、半身は塩焼きで頂きたい♪



魚と言えば、塩焼き! 
子供の頃から家の食卓に出てくる魚はみな塩焼きだったので、今でも魚を見ると塩焼きと言うメニューが1番最初に思い付く。 塩焼きにして失敗!って魚もそうそうおらんし。

焼くなら、遠赤外線でじっくり焼きたい。しかも、炭ではなく、薪で焼きたい! 薪の煙のいい匂いが好き♡

俺は、焚き火が大好き♡

轟々と燃え上がる火もカッコイイけど、俺の好みはコンパクトサイズの火で、炎がちょこっと、でも、長々と出てるような火。 ロウソクよりも明るいけど、キャンプファイヤーには程遠いような… でも、炭はたくさん燃えてるから、遠赤外線はたくさん出てて、暖かい…




と言うことで、薪を近所から拾ってくる。

なんの木だろう? 黒い枝、広葉樹だと思うけど… よく燃えそうに乾燥してるし、いいやろう。
 


火付けを、ハマさんから頂いたマグネシウム棒付きのナイフでやってみようと5分くらい時間を掛けたけど、めんどくさくなってライターで

シュボっ🔥

文明って、素晴らしい✨

マグネシウム、削ってその削りカスに火を飛ばして、燃えやすいものを火種にして… 根気よくやれば出来るんだけど、マグネシウム棒を削るのが大変。 気を抜いてサクッと削るとジュボッ!と火花が走って、まだ火種に足りないのに、削ったマグネシウム達がサクッと燃えてしまう…

また、削り直し。

ゆっくり、ゆっくり…



やってられん。

このナイフしか火種が無いなら、頑張るけど、特に火種にこだわりも無いので、ライターで一発着火。



魚の方は、頂いたハマさんナイフで、しっかり作業できました。



お刺身の味見♪ ぷりぷりで、脂が乗ってて美味しい!


直火で表面を炙ったあと、ちょっと火から離して遠赤外線で、ふかふか焼き♪



アラで出汁を取ったみそ汁(えのき入り)と、塩焼き、兜焼き、胃袋+肝+浮袋のボイル、お刺身とヅケ。 なんだか、すごいご馳走が出来た✨

(ヅケは、後ほど、釣りから帰ってきたときにお茶漬けに入れて食べるんだぁ〜♪)



グリルの火を焚き火に、梅酒に庭のミントを浮かべて、のんびりできるギターとピアノのBGMを掛けながら、美味しくいただきました♪





想像以上に、心地よかった♪




2/11/2018

こいつら、すげぇなぁ!と思う『和楽器バンド』


初めて和楽器バンドを見たのはYoutubeの『千本桜』。 この曲を知らなかったし、とにかくインパクトが強かった。 各奏者のレベルが半端なく高いし、見事に和と洋が交わってて、凄い!

そして、なによりボーカルの娘が可愛い❤

この鈴華ゆうこさんと言う人がどんな女性なのか? ググってみたら、なるほど。 詩吟の師範で音大出てるんだ! 納得。

パッと出の素人が集まったバンドじゃない気はしてたけど、プロだった。

琴や尺八の方も、なんか、凄いらしい。

なにより『凄いなぁ!!!』と思ったのは、このオキノタユウを聞いてから。

もう、びっくり!

鈴華さんは、音大で、きっと声楽やらなんやら
勉強せんといかんかったっちゃないかな〜って想像する。 ソルフェージュ!とか、なんたらかんたら〜!とか。 そしたら、きっと鈴華さんも、声楽の『基本』と呼ばれる固定観念を先生から教えられたと思う。

発声なら『ビブラートはいけません〜』とか、
作曲なら『助詞を頭に持ってきてはいけません〜』とか。

それが、この曲の中では、ものすごく目立つ所で使ってある。

『これでもかぁーーー!!!』って。

なんて言うんだろう…

凄くロックだ!

絶対、こういう音楽のタブーって知ってて、その上でやってるんだと思う。

実際、いろいろビデオ見てたら和楽器と洋楽器のピッチの違いについて、440で合わせるか? それとも、もう少し高いピッチで合わせるか?とかバンドメンバー達が議論してたし。

凄えやつらだぁ!!!


そして、いつも自分が思うこと。

絶対音感の不利。

このバンドの音楽を絶対音感を持ってる人が聞いたら、きっと、すごく心地悪いに違いない。

ピッチが楽器ごとに、と言うか、演奏者の気分によって変わるんだから。

俺は、前から絶対音感持ってる人って可愛そうだなぁ…と思ってる。 世の中、完璧なピッチで音楽やってる人なんて、本物のクラシックくらいしかないんじゃないかな?

友達同士でカラオケなんて、ハズレだらけだし。

完璧な音感を持ってるからこそ、音を楽しめない。

どんな音だろうと、音を楽しめないなんて音楽じゃない!

そんな声が和楽器バンドの歌から、聞こえてくる気がする…

2/07/2018

シンペンの練習

シーバスを狙うのに、ほんと、いろ〜んなルアーがあるけれど、自分が釣ってて思ってたのが『結局、ルアーってトップとワームがあれば、いんじゃね???』ってこと。



シーバスの目の位置って、頭のかなり上の部分に付いてる… ってことは、シーバスは常に上を見てるんだと思う。 また、シーバスの口って、下顎がうにょ〜んと前に飛び出てる形で、これは、上側の魚を食べるのに都合が良く出来てると思う。 つまり、上がいいんじゃね??? 上がいいんなら、トップでしょう? って事で、自分が1番よく使うルアーはトップ。 それで釣れないなぁ〜と思ったらワームを投げる。 てきと〜にトップとワーム投げてたら、今までだいたいシーバス釣れてた。

トップでよく使うのは村田さんの『国境際の釣り師たち』の影響で、シュガペン。

シュガペン、素敵✨✨✨

以前は、香港でシュガペンを買うのは大変だった。 荃灣の一帆さんや佐敦のタックルベリーさんに入荷してないか?何度も足を運ぶ必要があって、見つけられた時はすっごく嬉しかった♪ でも、最近はタックルベリーさんに全サイズ、各種カラーがいつも揃っているので、感謝!感謝!です。


中でも、シュガペンの70。 色は、真っ暗闇の中で釣りすることが多いので、白いやつ。 これを投げると、ちょうど岩がちょこちょこ入ってる所の上まで届いて、そこに潜んでるシーバスが面白いようにアタックしてくる♪

レッドドラムがトップで釣れた時は、あの口の位置と形で、どうやってトップを食ってきたのか… ちょっと理解出来なかったけど…


(この写真だと口の位置しか解らないけど、鼻がとんがりコーンしてて、上の方のベイトを食べるには、邪魔だと思う… それでも、アメリカではレッドドラムをトップで狙うフライフィッシングがあったりするので、不思議だ…)



自分は、テクニックもなんもなく、ただまっすぐ投げて、まっすぐ引いてくる。

『ドッグウォーク! ドッグウォーク! ドッグウォーク!』って、ひたすらトゥイッチの体力勝負。

一度、やり過ぎてテニス肘になった…



そんな釣りを続けていたのだけれども…

アンディ軍曹から『お前は真面目に釣りやらんからダメや!』とのお言葉を頂き、最近、自分もいろいろやってみようと心掛けてる。

その1つが『ドリフト』。

正直言って、最初はドリフトの意味が解らんやったけど、最近解ってきた気がする。

投げて、まっすぐ引いてくるんじゃなくって、流れに乗せて流していくのね。

自分の中では『トップ最強!』って意識があるので、投げるルアーは、もちろんトップ。 トップだと、ルアーを動かせばどこにあるのか?簡単に見えるし、魚の反応があると見えるので、わかりやすい。

『え!? 今の当たり? ベイトにぶつかった? あ、ゴミじゃん!』って事がないし、

なにより、トップで釣れると楽しい♪

というわけで、最近はトップのドリフト釣法!に挑戦してたんだけど、先日、射程距離30mの中でボイルがあちこち出るのに全くトップに魚が反応しない!という事態に出くわした。 投げても、投げても、全く反応してくれない…


なんだこりゃ???

悔しかった…

目の前であざ笑うかのようなボイル。

ワームも投げたけど、反応なし。

ボイルの出方からして、シーバスが捕食してるのは水面ではなく、水面のちょい下の気がする。

って事は、シンペンが良いのか?


この日は、シンペン持ってきてなかったので、悔しさ噛み締めながら、撤収。

......

家に、リップの折れたビーフリーズがあったので、折れ残ってたリップを全部ナイフで削って、シンペン化! 本物シンペン、とても釣れるらしい!と評判のワンダー80もあったので、この2つのルアーを持って、リベンジへ準備万端!
......



そして行ってきました♪

一応、トップから始めるけれど、全く反応なし。

よしよし。 これは前回と同じ状況だ。

さっそく、自作?のシンペン改造したビーフリーズの動きを見てみる。

うん… 動かないね。

時々、シーソーみたいに、頭と尻がカックン、カックンってなってるけど…

イワイミノーだって動かないのに、ぼっこぼこシーバス釣れるし、セイラミノーも動かないけど、よく釣れるらしいし。。。

まぁ、試してみよう。




投げる。

クン! グゥー!!!っと、当たりが出る!

おぉ!!! ヒットだ!?

と、びっくり合わせ。

あ!? ドラグゆる過ぎた…

スッポ抜ける…

(こんなんだから、また軍曹に怒られるんだよなぁ…)


でも、当たりが出た!!!

前回、全く当たってこなかったのに、今日は出た!

その後、もう1つショートバイト。

これも乗らず。

でも、いいぞぉ!!! これだと魚が食ってくる!

小潮で大して潮も動かんし、ベイトも見えんし、パッと見た感じは釣れる気しないのにバイトが出る!

前回の無力感『おれ、ここまで何しに来たんだろう…』が払拭される。

ビーフリーズって、素敵✨✨✨

リップが無くっても釣れる(バイトを誘える)、なんて素敵なルアーなんだろう✨



その後、本物シンペン『ワンダー80』なら、きっと凄いことになるだろう!と期待して投げるも、何も反応なし。

むぅ…

飛距離は出るんだけどなぁ…

動きも、お尻フリフリしてて、釣れそうなのに…


またシンペン改造したビーフリーズを投げると、

あら? ルアーの流され方がワンダーとシンペン改造ビーフリーズで、ぜんぜん違う事に気が付いた。

ワンダーは細身で重たいので、水の抵抗を受けず、真っ直ぐ引いてくる時の軌道と似た感じで帰ってくる。 反対に、ビーフリーズは体高あって、太っちょなので、水の流れとしっかり同調して、勝手にドリフトされてから帰ってくる。

💡『これかぁ!? ルアーの動きよりも、この流れへの同調具合で魚のバイトスイッチが入るのかぁ!?』と閃く。

おれ、もしかして、自然と『シンペンでドリフト釣法』をやってたのでは!?

ネットのどこかで『ドリフトさせる時は、流れとルアーを同調させるのが大切』って書いてあった気がするし。

うわぁ〜 めっちゃ勉強になった!!!

釣れてないけど、こういう実りある釣りは楽しい♪

小潮の生命感ない海に、集中力を保ったまま投げ続けられる!



あれ??? でも、待てよ。 市販のシンペンって、みんな細身で重さがあって…

それって、このワンダー80のように、水の流れと同調しないから、ドリフト釣法には合わないのでは???

って言うか、ドリフトさせられないんじゃない?


むぅ…

どうやら、まだまだ奥が深いらしい『シンペンでのドリフト釣法!』。

修業の日々が続くなぁ…